水で膨らむ|困ったときの足場レンタル|職人の技に磨きがかかります

困ったときの足場レンタル|職人の技に磨きがかかります

水で膨らむ

土嚢

最近の土嚢袋は進化を遂げており、今まで以上に優れた吸水性を持っています。水害や浸水の対策として使われる土嚢袋ですので、吸水性に関しては妥協できない点だと言えるでしょう。パッと見はただの麻袋ですが、最新の土嚢袋は水に浸すと膨らみます。吸水ポリマーが使用されており、現場まで持ち運びが楽になった事が最大のメリットだと言えるでしょう。また、耐久性も優れており、200キロ以上の耐荷重実験をクリアしており、10段以上20段未満の積み上げが可能となります。落下実験も行った結果、3メートルの高さでも破れる事なく耐えています。しっかりと検証を行っているので、現場でも安心して使用する事が出来ているのです。これからも多くのトラブルを解決してくれると言えるのではないでしょうか。

これまでは準備がとにかく大変でした。土嚢袋は重く、持ち運びが辛いものなのです。個人の庭や工事現場などで使用される事がありますが、いざ水害が起こってから麻袋に土を詰めていては時間がかかりますし、あまり知識のない素人なら尚更であり、また、どこにでも土があるわけではありません。工事現場なら話は別ですが、個人が所有している庭で土嚢袋を使用したいのであれば、土を使わないタイプを使用するのが一番だと言えるでしょう。また、水を含むと膨らむというと、一体どのくらいで完成するのか疑問に思う人も多いでしょう。約2分ほどなので、時間がない時でも慌てる事なく使用出来ます。